知りたい?知りたくない?賢い英語のメールのやり取り方法。 - Businesses Throughout

知りたい?知りたくない?賢い英語のメールのやり取り方法。

英語メールの宛名の書き方

英語でのメールは書き慣れていないと、どう書き出して良いか分かりませんよね。日本語のメールに作法があるのと同じように、英文メールでもスタイルが決まっています。まずは英文メールのスタイルを真似るところから始めてみましょう。
メールの一番最初は宛名を書きます。日本語でも「○○様」と書き始めますよね。英語なら「To Mr.○○:」や「Dear Ms.○○:」と書き出すのが一般的です。親しい関係ならファーストネームで書いても大丈夫です。いつまでもラストネームで書いていると距離を置いているように見えます。名前を知らない、部署の担当者宛にメールするときは「Dear person in charge:」と書きます。相手の名前が分かったら、次からはその人の名前で書き出します。

英文メールの組み立て方

日本語のビジネスでもよく言われる通り英文メールにおいても、結論を先に記述するのが基本です。忙しい相手にわざわざメールを読んでもらい対応してもらっていることを意識してください。最初に結論を書いた後に、理由付けとなる項目を記述していきます。最終的に長文になった場合は、最後にダメ押しでもう一度、結論の言い換えを述べておきましょう。
日本人が英文を書くと、andやbut、so、because、whenばかりの接続詞を多用します。同じパターンの接続詞が続くと幼稚な印象を与えます。alsoやthenといった他の接続詞に置き換えられないか考えてみましょう。いくつか引き出しを持っておくと、相手を退屈させない文章をかけるようになります。

© Copyright Businesses Throughout. All Rights Reserved.