今すぐチェック!英語の面接の対策法とは? - Businesses Throughout

今すぐチェック!英語の面接の対策法とは?

回答パターンを作ろう

外資系企業では上司が外国人だったり取引先が海外にあったりするケースが多いため、英語力の高い人材が評価されます。外資系企業に就職する場合、面接が英語で行われるのも普通です。英語力に自信はありますか?普段あまり英語を話す経験がない人にとって、英語面接はハードルが高いと感じられることでしょう。対策方法があれば安心できますよね。
面接で聞かれることは、日本語での面接と大差ありません。自己PRやこれまでの業務経験、志望動機やチャレンジしたい仕事がベースです。日本語なら具体的に答えらる質問ばかりですよね。日本語で回答プランを作成し、それを英語に訳したものを覚えておくのが一つの手です。面接ではある程度聞かれるパターンが決まっていますので、この方法は有効です。

時間稼ぎの方法を身に着けておこう

英語を話し慣れていないと、頭に思い浮かんだ言葉を英語に変換するまでに時間が必要です。日本語ならすぐに口を突いて出るのに、英語だと数秒掛かるケースもしばしばあります。たった数秒ですが、言い淀んでいるところを面接官に見られると、頼りなく不安な印象を与えます。ネガティブイメージを与えないために、英文を思いつくまでの時間稼ぎ方法を覚えておくのも英語面接をクリアするための裏技です。
英語では、言葉を出す少し前に「Well」や「You know」、もっと簡単には「Uh」を入れることが多いです。映画やドラマで外国人の俳優が話しているセリフをよく聞くと、このフレーズが頻繁に使われているのが分かるはずです。不自然な表現ではないので、英文を思いつくまでの時間稼ぎに使ってみましょう。

英語で面接とは、主に外資系企業などが行う英語での面接のことです。英検でも2級からは2次試験で行います。

© Copyright Businesses Throughout. All Rights Reserved.