あなたは大丈夫?よくない英語のメールのやりとりとは? - Businesses Throughout

あなたは大丈夫?よくない英語のメールのやりとりとは?

英語は決して難しくない!まずは慣れることから始めよう

グローバル化が進む現在、世界共通言語である英語を日常生活や仕事で使う機会が増えてきました。
学生時代に英語で四苦八苦したという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。それは日本語とはかなり違った言語であることが原因の1つです。かと言って怖がって壁を作ってしまっては余計英語を遠ざけてしまいます。まずは英語に慣れることから始めてみましょう。

まずは日常生活で、英語に触れる機会を少しでも多く作ってみましょう。例えば、普段観ているニュース、もし二か国語設定になっているなら、英語で聞いてみるところから始めてはいかがでしょうか。初めは中々理解しづらいかもしれませんが、慣れてくるうちに言い回しや語彙が自然と身についてきます。英語で大切なものの1つが「語彙」です。語彙を身につければ、話したり文章を書いたりする時に強い味方になってくれるはずです。

英語のメールはシンプルに考えることから始まる

英語でメールを書く、と言うと難しく聞こえるかもしれません。確かに、慣れないうちは大変ですが、決して難しいことでははありません。

例えば、日本語を母国語としない人から拙い日本語でメールが来ても、日本語を母国語としない人に対しては理解を示すものです。ネイティブが書くような完璧な英語は求められていません。むしろ大切なことは、「言いたいことを簡潔にきちんと伝える」ことです。とてもシンプルですよね。英語はあいまいさをとても嫌います。現在の状況、自分がどうしたいのか、相手にどうしてほしいのか、などを短くても明確に伝えるようにしましょう。英語に慣れていることを強調したいがための長ったらしい説明や、くどくどとした表現は、余計物事を見えづらくしてしまうものです。気の利いた表現よりも、まずはメールを出す目的を考えましょう。

外資系の求人とは外国資本の企業が募集している求人の事を指します。証券会社等の金融系の企業が多いのが特徴です。

© Copyright Businesses Throughout. All Rights Reserved.